コピーや印刷、マグネットシートやペーパーに関すること

便利なマグネット

マグネットシートは家庭のみならずオフィスや企業でも多く使用されています。自動車の初心者マークが最も有名なものだといえます。また、最近では水道業者などの広告が印刷されているものをよく見かけます。

費用やデザイン

名刺印刷にかかる費用について紹介しています。自分の名刺がほしいと思っている人はこれらを参考にして名刺印刷を依頼しましょう。また、流行のデザインを取り入れるための工夫なども記載しています。

石の紙

ストーンペーパーというものを知っている人は少ないといえます。紙は本来木材を使用しており、ストーンペーパーの材料は石です。印刷時に優れた効果を発揮するなど良質の紙なのです。

記録媒体

記録媒体への複製のことをメディアコピーといいます。過去にはカセットテープやビデオテープといったアナログが主流でしたが、現代ではCD、DVD、BDなどが主流になっています。

新年の挨拶

新年の挨拶として年賀状を出すことが一般的です。筆で書き上げたり、イラストを添えたり、最近では写真をはりつける人も増えています。パソコンで作成も出来ますが、不安な人は印刷業者に依頼しましょう。

子どももうれしい

玩具への利用が広がってきます。

昔のシールは剥がすと糊の跡がベッタリと残り、親に怒られたものです。でも何故か子供はシールが好きなんです。理由はよく分かりませんが、とにかく彼方此方に貼りまくります。新築だったら、親が怒るのも無理は無いです。これをマグネットシートに印刷したものに替えさせたら問題は解決します。実際に、玩具コーナーなどではマグネットシートに人気キャラクターが印刷されたものが色々と販売拡大されつつあります。これらを冷蔵庫や金属製家具などに好きなだけ貼らせれば、子供も大喜びです。汚い剥がし跡も残らず、子供も思いっきりシール遊びが出来る。ウィンウィンな関係が成り立ちます。今後は、このような子供用玩具へのマグネットシートの印刷利用が広がってくると予測されます。シールの代替だけではなく、ボードゲームなどにも利用され始めています。

ロゴを塗装したものより下取り査定に有利です。

マグネットシートは紙やシールとは異なり、取り外しが自由なのが便利です。必要無くなれば取り外せば良いだけですから。例えば営業車に会社ロゴを印刷したマグネットシートを貼っておけば下取りの時に有利です。マグネットシートを外して元のボディに戻せるのですから。ロゴなどがボディに直接塗装してある場合は、下取り価格は下がってしまいます。ただし、このマグネットシートにも弱点はあります。貼っていた部分とそれ以外の部分で日焼け具合に差が出てしまうと言う点です。マグネットシートで遮光されていた部分は塗装が綺麗なままですので、それ以外とのギャップが出てしまうのです。こまめに剥がして日焼け差が生じないようにするなどの方法は面倒です。これはマグネットシートの便利さの代償として諦めるのが一番潔いです。

オススメリンク

Copyright© 2015 コピーや印刷、マグネットシートやペーパーに関することAll Rights Reserved.