コピーや印刷、マグネットシートやペーパーに関すること

石の紙

木材チップを原料としない紙とは

一般的に使用されている多くの紙は、主に木材チップを原料としたものです。 しかし、紙を作る為に森林伐採を行うことは、結果的に自然破壊をもたらします。 そこで、最近では、石を原料としたストーンペーパーが作られるようになりました。 具体的には、石から抽出した無機鉱物を粉末状にしたものを利用しています。 更に、ストーンペーパーは、水を使用しないで作られますので、水質汚染をもたらすこともありません。 このようにして出来上がったストーンペーパーは、一般的な紙と同様に、問題なく印刷が可能ですし、特性上、一般的な紙が不得手とする状況での利用を念頭に置くことで、高品質な印刷物として、紙の利用範囲を大きく広げてくれる可能性を十分に秘めています。

ストーンペーパーを有効活用する方法とは

ストーンペーパーは、一般的な紙よりも耐久性や耐水性に優れている特性がありますので、大量消費するような使い方よりも、品質の高さを追求した使い方に着目すると、ストーンペーパーの良さを強く実感出来ます。 具体的には、名刺、パンフレット、ポスター、切符、ギフト券、紙袋等が挙げられますが、紙質に合うインクを使用して印刷を行うことで、デザイン面においても、きめ細やかな工夫を施すことが出来るようになります。 特に、耐水性に優れた印刷物は、屋外での使用において、天候の良し悪しに左右されないメリットがありますので、非常に利用価値が高いと言えます。 このように、一般的な紙では出来なかったことをストーンペーパーで実現出来ることが数多くありますので、今後の普及に期待が持てます。

Copyright© 2015 コピーや印刷、マグネットシートやペーパーに関することAll Rights Reserved.