コピーや印刷、マグネットシートやペーパーに関すること

便利なマグネット

いろいろな使い道のあるマグネットシート

マグネットシートはフェライト(酸化鉄)の粉末に合成樹脂やゴムを混ぜてシート状に成型したものです。鉄に貼りつくという性質があり、軟らかくて簡単に加工できるため、素材として大きな可能性を秘めています。磁力の強いものは工業用として、また磁力の弱いものは家庭用・オフィス用としての需要があります。自動車の初心者マークは代表的な使用例です。 マグネットシートは印刷が容易で発色も鮮やかなので、人の目を惹く効果があります。そこで店頭の看板やPOPに利用したり、自動車に貼って宣伝に使ったり、フロアシートに広告を印刷したりする方法もあります。貼ったり外したりが手軽にできるため、たとえば本日のオススメ品を毎日取り替えるときなどに便利です。

販促ツールとして活躍

最近ではマグネットシートで作られた、手のひらサイズの広告が流行しています。なかでも水道修理業者や引越し業者の連絡先が印刷されたものを、しばしば目にします。このような広告は冷蔵庫にメモを貼り付けたりするとき使えるので、ただの広告よりも捨てられにくいというメリットがあります。いつも目立つところに貼ってもらえれば、かなりの宣伝効果も期待できます。 マグネットシートは、生産と印刷のコストを低く抑えられるため、このような広告を大量に配るのに向いています。イベントなどの粗品としても利用できます。 そのほか文具や事務用品にしたり、教材として使ったりと、マグネットシートはアイデアの数だけ利用法があると言えるでしょう。

Copyright© 2015 コピーや印刷、マグネットシートやペーパーに関することAll Rights Reserved.