コピーや印刷、マグネットシートやペーパーに関すること

記録媒体

メディアコピーの歴史について

メディアコピーとは記録媒体への複製を言います。古くはカセットテープ、VHSビデオテープなどその当時から複製は行なわれておりました。現在のように著作権を保護する機械的なプロテクト方法がほどこされないことが多いメディア(カセットテープやビデオテープ)でした。個人が複製することもメディアコピーです。音楽や映像、データなどをさまざまなものがコピーされております。歴史として大きく変わったのはメディア(記録媒体)の変化です。カセットテープやビデオテープのようなアナログ媒体からフロッピーディスク、CD、DVD、BD(ブルーレイ)へと移行しました。電子化されたことでプロテクト、2次複製されにくいメディアコピー作成も可能となりました。

今後の動向やサービス

メディアコピーの今後の動向や傾向として予想されることは、やはりメディア(記録媒体)の移り変わりということは必ずおこります。CDからDVD、BD(ブルーレイ)と記録媒体の容量が大きくなっております。なぜ、大きくなったのか、その理由はデジタル技術の進歩に比例します。ブルーレイのような大きな容量のメディアに動画データを入れることで精彩な映像が見れるからです。同時に動画データの圧縮技術も進化しております。こういったメディアコピーを引き受けてくれる業者もあります。インターネットで検索するとたくさん見つけられます。コピーと一緒にコピーガードや盤面印刷、パッケージ印刷、シュリンク包装まで一括して行なう業者も少なく無いです。音楽や映像を販売される方には便利なサービスです。

Copyright© 2015 コピーや印刷、マグネットシートやペーパーに関することAll Rights Reserved.